市場ニュース

戻る
2016年07月06日08時22分

【市況】前場に注目すべき3つのポイント~15500円処での下げ渋りをみせてくるかが注目される

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

6日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

■株式見通し:15500円処での下げ渋りをみせてくるかが注目される
■外資系証券の注文動向:差し引き430万株の売り越し
■前場の注目材料:円高追い風、夏休み海外予約好調



■15500円処での下げ渋りをみせてくるかが注目される

6日の日本株市場は売り優勢の展開になろう。連休明け5日のNY市場は、NYダウが100ドルを超す下落となった。欧州連合(EU)離脱を巡る英国経済への懸念が再燃したことが嫌気された格好。この流れからシカゴ日経225先物清算値は大阪比155円安の15445円となり、これにさや寄せする格好から売り先行に。

また、原油相場が大きく下げているほか、為替市場ではドル円が1ドル101円台と1週間ぶりの円高水準に振れていることも重しになりそうだ。サウジアラビアのイスラム教の聖地メディナなど3都市で、自爆テロとみられる爆発が相次ぐなど、地政学リスクの高まりもリスク回避に向かわせる。

水準としては、シカゴ先物にさや寄せすることで、オプション権利行使価格の15625円と15750円とのレンジから15375円と15500円とのレンジに移行する格好となり、ヘッジに伴う売り等も意識されそうだ。売り一巡後に15500円処での下げ渋りをみせてくるかが注目される。

その他、英国ではキャメロン首相の後任を選ぶ与党・保守党の党首選挙は、5日に1回目の投票が行われ、残留支持のメイ内相が過半数の票を獲得した。残留支持の流れが高まるようだと、相場の落ち着きにつながることが期待される。さらに、参院選終盤情勢では改選過半数へ堅調とみられており、政策期待等が下支えになりそうだ。


(株式部長・アナリスト 村瀬智一)



■外資系証券の注文動向:差し引き430万株の売り越し

朝の外資系証券5社経由の注文状況は、売り1040万株、買い610万株、差し引き430万株の売り越しとの観測。なお、直近5日分の注文動向は以下の通り。


6月29日(水):20万株の買い越し
6月30日(木):100万株の買い越し
7月01日(金):380万株の売り越し
7月04日(月):440万株の売り越し
7月05日(火):130万株の売り越し



■前場の注目材料

・NYダウは下落(17840.62、-108.75)・NY原油(46.60、-2.39)
・ファナック<6954>、500億円投じ国内で工場新設
・英保守党党首選、残留派メイ内相が過半数獲得
・サウジ、自爆テロ続発で地政学リスク高まる
・円高追い風、夏休み海外予約好調
・スズキ<7269>、産学連携の月面探査チーム「HAKUTO」とパートナー契約
・日本ガイシ<5333>、排ガス浄化装置の生産ライン増
・大正製薬<4581>、ベトナム製薬最大手に出資
・JSR<4185>、ライフサイエンス事業の2020年度売上高目標は5倍の500億円に


☆前場のイベントスケジュール


<国内>
・特になし


<海外>
・特になし

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均