市場ニュース

戻る
2016年07月04日17時00分

【材料】ショーケース---米国Adatosと業務提携しビックデータ解析サービスを開始

ショーケース <日足> 「株探」多機能チャートより

ショーケース・ティービー<3909>は1日、独自の人工知能(AI)技術でビックデータ解析サービスを提供する米国シリコンバレーのAdatos Pte Ltd.(以下、Adatos社)と業務提携したと発表した。Adatos社が提供するソフトウェアならびに分析サービスを、同社の金融業界ならびにEC業界を中心とした日本国内顧客への提供を開始し、同社の技術とAdatos社の技術を融合した新商品開発のための企画及び研究開発を実施するとしている。

同社は2016年1月に研究開発機関「Showcase Lab.」を設立し、Web情報の分析技術、Web端末認識技術、ビッグデータ解析と機械学習(ディープラーニング)をはじめ、AR/VR、O2O、FinTech、ユーザ与信分析、IoT分野に関する研究を実施している。同社は、米国の知能高等研究計画局(IARPA)によって開発されたプロジェクトに基づく独自の人工知能(AI)技術でビックデータ解析・分析を行い、米国、シンガポール、オーストラリア、フィリピンで事業を展開しているAdatos社と業務提携し、同社が提供するAI技術を使ったソフトウェアや分析サービスの日本における提供ならびに新商品開発のための企画及び研究開発を実施する。

同社は、保有するWebマーケティングに関するビックデータを蓄積したデータ・マネジメント・プラットフォームの「ZUNOH」や同社のメイン顧客である銀行、生保・損保、証券、カードなどの金融関連企業やEC関連企業が保有する様々なビックデータに、Adatos社の技術を活用することで不正利用防止や売上増加、顧客満足度向上などの顧客要望に応えていくとしている。また、これらの先進的な人工知能の技術を取り入れることで、さらに付加価値の高い「おもてなし」ITサービスの研究、開発を進めていく予定としている。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均