市場ニュース

戻る
2016年07月01日14時04分

【材料】国内大手証券、商社セクターは現時点で見えるリスクをほぼ織り込んだ水準と指摘

TOPIX <日足> 「株探」多機能チャートより
 SMBC日興証券の商社セクターのリポートでは、Brexit後の株価はほぼTOPIX並みの動きとなり、絶対株価の下落幅は、現時点で見えるリスクをほぼ織り込んだ水準と指摘。セクター全体としては様子見スタンスとしながらも、伊藤忠商事<8001>、住友商事<8053>、三菱商事<8058>の配当ビジビリティが高いとの見方に変わりはないと解説。

 業種格付けは「中立」を継続している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均