市場ニュース

戻る
2016年06月29日09時05分

【市況】個別銘柄戦略:金融株高が輸出関連株の反発にもつながるか注目


欧米株式市場の上昇、為替円高の落ち着きなど本日は外部環境の改善も加わって、高寄り後も堅調な動きが続く可能性が高いだろう。とりわけ、欧米市場で金融株が上昇していることは安心感を誘うことになる。金融株のリバウンドが輸出関連株の反発期待にもつながっていくか注目される。海外ではエネルギー関連も上昇、資源株も堅調な流れが想定されるが、出光興産創業家の合併反対が伝わっていることは、石油セクターにはネガティブに響く公算が大きい。ほか、本日は中小型株を中心とする投信の設定も想定されており、新興市場には需給面での支えとなろう。日立国際や東京エレクなど半導体製造装置の一角では格上げの動きなどもみられている。

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均