市場ニュース

戻る
2016年06月27日17時22分

【為替】外為サマリー:一時1ドル102円10銭台に戻す、リスクオフ姿勢がやや後退

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 27日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後5時時点で1ドル=102円00銭前後と、前週末午後5時時点に比べ1円強のドル安・円高で推移している。

 ドル円相場は、欧州時間に入って値を戻す展開。英国の欧州連合(EU)離脱決定後に強まったリスクオフ姿勢がやや後退するなか、午後4時過ぎには一時102円10銭台をつけた。ただ、積極的な買い手掛かりには乏しく、上値は限定的となっている。なお、英ポンドは対円で1ポンド=136円71銭前後と、前週末午後5時時点に比べ5円60銭前後の大幅なポンド安・円高で推移している。

 ユーロは対円で1ユーロ=112円86銭前後と同2円強のユーロ安・円高。対ドルでは1ユーロ=1.1062ドル前後と同0.0090ドル強のユーロ安・ドル高で推移している。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均