市場ニュース

戻る
2016年06月27日12時52分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】生活・小沢氏:アベノミクスでは人気取りの円安誘導のため金融政策を歪めた

ドル円 <日足> 「株探」多機能チャートより

生活・小沢氏(事務所)は「いま安倍政権が円高を放置しているのはそもそも日本だけが介入をやってもどうにもならないから。はじめからこんなことは常識。ところがアベノミクスでは当初常識を忘れ、人気取りの円安誘導のため金融政策を歪めた。だから、投機筋に付け込まれ、持ち上げられて叩き落とされた。そもそもが間違い。」とツイート
(6/27)。


EUからの英国の離脱決定を嫌ったリスク回避的な絡んだ取引はしばらく続く可能性があるが、G7は「市場の動向や安定度を綿密に監視していく」との声明を発表した。G7声明に対する世界の金融市場の反応が注目される。アジア、欧米諸国の株安が一服すれば、リスク回避の円買いは縮小していくとの見方が多い。


ただし、ドル・円の取引では米連邦準備制度理事会(FRB)金融政策の動向がより重要なテーマとなりそうだ。英国のEU離脱を受けて米利上げは年内休止との観測が浮上している。

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均