市場ニュース

戻る
2016年06月24日10時15分

【材料】島精機、有力処は高水準な受注残高を背景に17年3月期は大幅営業増益になる可能性が高いと予想

島精機 <日足> 「株探」多機能チャートより
 島精機製作所<6222>が高寄り後、失速。カイ気配で始まったものの、寄り付き天井の格好で上げ幅を縮小。現在は今日の安値圏で推移している。

 いちよし経済研究所では、15年11月の展示会を契機に獲得した高水準な受注残高を背景に、17年3月期は大幅営業増益になる可能性が高いと指摘。主力の横編機事業における高付加価値品・ホールガーメントの拡販やシューズなどの新規需要開拓を軸に、中長期的に海外を中心とした成長が期待できるとみて、レーティング「A」、フェアバリュー3000円でカバレッジを開始している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均