市場ニュース

戻る
2016年06月23日14時21分

【材料】ルネサスが反発、自動運転の走行制御を容易に実現するRH850マルチコア・モデルベース環境を開発

ルネサス <日足> 「株探」多機能チャートより
 ルネサスエレクトロニクス<6723>が反発。同社はこの日、自動運転時代の複雑な走行制御を容易に実現するマルチコアマイコン向けソフトウエア開発ソリューションとしてRH850マルチコア・モデルベース開発環境(RH850 MBD)を開発したことを発表した。

 新たに開発したRH850 MBDはマルチコア用ソフトウエアの実装設計を自動化し、MBDプロセス前期でマルチコア性能を確認して開発後期の手戻りを防止するとともに、マルチコアマイコンの性能を最大限に発揮させることを可能にしている。これを「Embedded Target for RH850 Multicore(仮称)」の名称で、16年秋より発売する計画。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均