市場ニュース

戻る
2016年06月21日17時21分

【為替】外為サマリー:一時1ドル104円50銭台に上昇、欧州株式市場は底堅く推移

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 21日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後5時時点で1ドル=104円46銭前後と、前日午後5時時点に比べ7銭程度のドル安・円高で推移している。

 ドル円相場は、午後4時過ぎに一時104円50銭台まで上昇。日経平均株価の上昇を手掛かりとしたリスク選好的な動きが継続した。英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票を23日に控えて神経質さは残るものの、ドイツなど欧州株式市場が底堅く推移していることが支援材料となっているようだ。なお、英ポンドは対円で1ポンド=153円78銭とポンド高・円安で推移している。

 ユーロは対円で1ユーロ=118円44銭前後と前日午後5時時点に比べ8銭のユーロ安・円高。対ドルでは1ユーロ=1.1339ドル前後と前日午後5時時点とほぼ同水準で推移している。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均