市場ニュース

戻る
2016年06月21日12時56分

【経済】明日のEIA週間石油在庫統計発表に向けて、サンワード貿易の松永氏(三井智映子)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。

明日はEIA(米国エネルギー省のエネルギー情報局)の週間石油在庫統計の発表ですね。
市場予想平均は、原油190万バレル減、ガソリン50万バレル減、ディスティレート40万バレル増となっています。

松永さんによると、
『明日のEIA週間石油在庫統計発表では、原油在庫より全米原油生産が注目される可能性もあります。米オイルリグ数は、6月3日前週比9基増、6月10日前週比3基増、6月17日前週比9基増となり、3週間で21基もオイルリグ数が増加しました。原油価格が50ドル付近まで上昇したことでシェールオイル開発が活発化してきたようです。』とのこと。

原油価格を注視されている方は多いと思いますが、松永さんは
『シェールオイル油田は、極めて短期間の開発で原油生産を開始出来ることから、これからの全米原油生産はかなり増加すると考えるべきかもしれません。』
とおっしゃっていましたので留意してください。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の6月21日付の「原油市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 三井智映子

《NO》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均