市場ニュース

戻る
2016年06月10日13時10分

【材料】イオンが続落、国内大手証券がカバレッジ開始も目標株価は時価より低い水準

イオン <日足> 「株探」多機能チャートより
 イオン<8267>が続落。現在は今日の安値圏で推移している。今日は国内大手証券がカバレッジを開始したことが確認されている。

 SMBC日興証券は、同社は権限委譲に基づく地域対応の取り組みが徐々に成果を収めていること、総合スーパー他社の大量閉店による競争環境緩和などを背景に、厳しい事業環境のなかでも業績は底堅く推移すると予想するとリポートで紹介。上場子会社を差し引いた持株会社・非上場子会社の業績、時価総額をみると、現状の株価はイオンリテールやダイエーなどGMS、SM・DS事業の回復をある程度織り込んだ水準にあると指摘。

 同社のカバレッジを投資評価「2」(中立)、目標株価1500円で開始している。ただ、目標株価が時価より低い水準のため、むしろ売り材料として捉えられている可能性がある。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均