市場ニュース

戻る
2016年06月10日08時39分

【為替】今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆9日の欧米市場では、ユーロ圏経済の改革は進展していないとの理由でユーロ売り優勢

ユーロ円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

ユーロ・ドルは、1.0458ドル(2015/3/16)まで下げた後、一時1.1714ドル(2015/8/24)まで反発したが、1.0524ドル(2015/12/03)まで反落。ただし、1.1616ドル(2016/05/03)まで戻している。ユーロ・円は、141円06銭(2015/6/04)から122円06銭(2016/3/1)まで下げた後、128円22銭(2016/3/31)まで買われたが、その後120円33銭(2016/06/09)まで反落している。

本日のユーロ・円は、121円前後で推移か。9日の欧米市場では、ユーロ圏経済の改革は進展していないとの理由でユーロ売りが優勢となったが、社債買い入れなどの欧州中央銀行(ECB)による追加措置に対する期待は残されており、リスク回避的なユーロ売りが大きく広がる状況ではないとみられる。ドル・円相場に大きな動きがない場合、ユーロは120円台後半で下げ渋る可能性がある。


【ユーロ売り要因】
・ユーロ圏のインフレ率は2017年も2%以下の水準にとどまる可能性
・欧州中央銀行は極めて緩和的な金融政策を長期間継続へ
・ユーロ圏の経済改革は進展していないとの懸念


【ユーロ買い要因】
・ギリシャ債務問題に対する懸念緩和
・主要国の株高、原油価格の安定
・米早期追加利上げ観測の後退

《WA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均