市場ニュース

戻る
2016年06月09日11時47分

【材料】千代化、国内大手証券は完成工事高前提を下方修正し営業利益予想を引き下げ

千代建 <日足> 「株探」多機能チャートより
 千代田化工建設<6366>が小動き。現在は前日終値730円近辺で推移している。

 SMBC日興証券では同社に対する業績予想を修正、17年3月期営業利益を319億円→222億円へ、18年3月期は335億円→255億円へ下方修正するとのリポートをリリース。営業利益段階での下方修正要因は完成工事高前提を下方修正したことが要因としている。このほか、同社の決算説明会上において、イクシスLNGの売上高が500億円水準とのコメントがあったものの、これは保守的に過ぎると考え、会社予想完成工事高は上振れるものとの見解を示している。

 投資評価は「2」(中立)を継続。目標株価は1080円から800円へ引き下げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均