市場ニュース

戻る
2016年03月24日09時07分

【市況】個別銘柄戦略:資源関連株安が全体の足を引っ張る展開に


原油市況の下落、三井物産の業績下方修正などを受けて、本日は資源関連株が幅広く売られる展開となろう。商社、非鉄金属、石油株などの動きが警戒されるほか、鉄鋼など素材株にもネガティブな反応が波及へ。資源株安が全体相場の足を引っ張る流れとなろう。物色は引き続き内需系が優位とみられるが、前日にも中小型銘柄で上方修正の動きが観測されている建設株などが引き続き注目されるところ。また、足元で月次好調企業が目立っている小売りセクターなどにも関心か。全般的に軟化が予想されるなか、TPRやイーレックスなどアナリストの新規買い推奨銘柄、自社株買い報道のツガミなど個別で注目へ。

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均