市場ニュース

戻る
2016年03月22日09時39分

【材料】レカムに大口買い流入、太陽光発電事業の譲受を材料視

レカム 【日足】
多機能チャートへ
レカム 【日中足】

 レカム<3323>に寄り付きから大口買いが流入、低位株物色の流れの中でにわかに注目を集めている。オフィス向けにデジタル情報機器を販売、16年9月期は経営改革の効果で営業損益の黒字化を見込む。18日、和上ホールディングス(大阪市)の太陽光発電事業を譲り受けると発表(取得価格は非開示)、同事業の15年3月期の売上高は17億6700万円で事業譲渡に伴う業容拡大に期待した買いを誘っている。

 また、同社はクラウドサービスを手掛ける国内企業と連携して人工知能(AI)活用の画像認識サービスに進出しており、AI関連株の切り口でも買い手掛かりを与えている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均