市場ニュース

戻る
2016年03月18日14時48分

【材料】セガサミーHDが堅調、国内大手は「遊技くぎ問題」の業績への悪影響は限定的とみる

セガサミー 【日足】
多機能チャートへ
セガサミー 【日中足】

 セガサミーホールディングス<6460>は堅調。朝方から小安い水準で推移していたが、後場終盤にプラス圏へ浮上している。

 大和証券はリポートで、同社の16年3月期第3四半期実績は同証券の想定を大幅に超過、遊技機のリユース効果が大きいと解説。「検定機と異なる可能性のあるぱちんこ遊技機の撤去について(遊技くぎ問題)」は、当初想定よりスケジュールや条件の面で業績への悪影響は限定的となりそうとみて、少なくとも17年3月期純利益が多額の赤字となるリスクは回避されたとの見解を示している。

 レーティングは「3」(中立)を継続、目標株価は1340円から1330円へ調整している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均