市場ニュース

戻る
2016年03月17日03時53分

【市況】NY原油:反発で38.46ドル、4月会合決定、米在庫小幅増、ハト派声明で


 NY原油は反発(NYMEX原油4月限終値:38.46↑2.12)。36.89ドルから38.57ドルまで上昇した。前日の取引終了後発表の全米石油協会(API)の週間統計で、国内の原油在庫が小幅な増加にとどまったこと。また、産油国間の増産凍結をめぐる会合が4月17日開催に決定したことで、原油の買いが先行。



 その後発表の米エネルギー情報局(EIA)の週報(週次石油在庫統計)でも、原油在庫が予想を下回る増加だったことで、買いが強まった。米FOMC声明、四半期経済・政策金利予測の発表後も、ハト派的な内容だったことで買いが続いた。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均