市場ニュース

戻る
2016年03月16日16時08分

【特集】ショーケース Research Memo(4):主要顧客の市場は成長が続く良好な外部環境


■外部環境と同社の強み、事業リスク

(1)外部環境

ショーケース・ティービー<3909>の主要顧客やサービスを取り巻く外部環境は明るい。その主要市場であるインターネット通販(EC)市場でネット広告市場について見てみた。まず、同社の主要顧客であるインターネット(EC)通販事業者のEC市場は(株)東洋経済新報社によると、2013年の11兆円強から2020年には20兆円規模 (年間平均成長率8.7%)へ拡大すると予想され、さらにその時点におけるEC化率は6.5%に過ぎず依然として成長余地が大きいと考えられる。

また、企業のWebマーケティング予算は、インターネット広告費と連動しており、2014年のインターネット広告費は1兆519億円規模まで拡大。そのうち、同社の技術の活用と密接な関係にある運用型広告は前年比24%増の5,106億円と急成長し、全体の半分を占めるようになっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 森本 展正)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均