市場ニュース

戻る
2016年03月15日04時11分

【為替】NY為替:ドル上昇、FOMC控え


 外為市場でドル・円は113円54銭から113円88銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1135ドルから1.1078ドルまで下落し、欧州中央銀行(ECB)が定例理事会を開催し期待以上の追加緩和策を発表した10日来の安値を更新した。今週開催される予定の連邦公開市場委員会(FOMC)で、年内の追加利上げの可能性が示唆されるとの思惑などからドル買いが再燃。


 朝方下落していたダウ平均株価は上昇に転じ、米国東部時間午後3時現在38ドル高で推移。米10年債利回りは1.94%から1.96%まで戻した。米連邦準備制度理事会(FRB)は米連邦公開市場委員会(FOMC)を15日から16日までの2日間にわたり開催する。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均