市場ニュース

戻る
2016年03月08日12時27分

【材料】中外製薬、米系大手証券はアトピー薬CIM331は次のグローバル候補品のひとつになり始めてきたと指摘

中外薬 【日足】
多機能チャートへ
中外薬 【日中足】

 中外製薬<4519>が3日続落。プラススタートとなったものの、買い一巡後は売られる展開。現在は今日の安値圏で推移している。

 モルガン・スタンレーMUFG証券では、アトピー薬CIM331のPh2成功を受け、CIM331に対する株式市場の認知度はまだ低いものの、肺癌、血友病に続く同社オリジナルのグローバル候補品のひとつとなり始めてきたと指摘。海外の権利導出はまだ決まっていないものの、IL31阻害剤ではファースト・イン・クラス(画期的医薬品)に位置するため、多くの企業が関心を示す可能性が高いと解説。

 レーティング「オーバーウエート」と目標株価4600円を継続している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均