市場ニュース

戻る
2016年03月03日05時16分

【市況】3月2日のNY為替・原油概況


2日のニューヨーク外為市場でドル・円は、114円56銭へ上昇後、113円22銭まで下落した。

米国の民間部門の雇用を示す2月ADP全米雇用報告が予想外に1月から増加し、20万人超となったため、米雇用統計への期待が広がりドル買いが優勢となった。

ユーロ・ドルは、1.0826ドルまで下落し、1.0873ドルへ上昇した。欧州中央銀行(ECB)のクーレ理事や仏中銀のビレロイ総裁がドラギECB総裁と同様、インフレが低すぎるとの見解を示したためユーロ売りが継続。ユーロ・円は、124円22銭から123円09銭へ下落した。

ポンド・ドルは、1.4004ドルから1.4093ドルへ上昇した。

ドル・スイスは、1.0009フランへ上昇後、0.9957フランへ下落した。



[経済指標]

・米・2月ADP全米雇用報告:前月比+21.4万人(予想:+19.0万人、1月:+19.3万人←+20.5万人)

《KY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均