市場ニュース

戻る
2016年03月02日07時27分

【市況】NY株式:ダウは348ドル高、堅調な経済指標を好感


1日は米国株式相場は上昇。ダウ平均は348.58ドル高の16865.08、ナスダックは131.65ポイント高の4689.60で取引を終了した。アジア・欧州株が概ね全面高となった流れを受け、米国株も買いが先行。2月ISM製造業景況指数が予想を上振れたことで米経済の減速懸念が後退したほか、堅調な原油価格や2月新車販売台数も好感され、終日堅調推移となった。ダウは一時350ドルに迫る上昇となった。セクター別では公益事業を除いて全面高となり、銀行や自動車・自動車部品の上昇が目立った。

自動車大手のフォード(F)は2月の新車販売台数が好調となり、上昇。独立系石油ガス生産のアナダルコ(APC)は最大30億ドル相当の資産売却に加えて、設備投資の削減や減配を発表し堅調推移。複合企業のハネウェル・インターナショナル(HON)は同業ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)の買収を断念し、買われた。製薬のバリアント・ファーマシューティカルズ(VRX)は証券取引委員会から調査を受けていることが明らかとなり急落となったものの、引けにかけて下げ幅を縮小。

本日は、全米の多くの州で大統領候補の予備選「スーパーチューズデー」が開催される。共和党ではドナルド・トランプ氏、民主党はヒラリー・クリントン前国務長官が優勢と見られるが、共和党幹部の中にはトランプ氏を支持しないとする動きもあり、今後の展開は不透明だ。

Horiko Capital Management LLC

《NO》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均