市場ニュース

戻る
2016年02月25日09時14分

【材料】トヨタ自---売り優勢、メリルリンチが投資判断を格下げへ

トヨタ 【日足】
多機能チャートへ
トヨタ 【日中足】


トヨタ自<7203>は売り優勢。不透明な為替相場を映して自動車株では売り先行のものが目立っている。同社に関しては、メリルリンチ日本証券が投資判断を「買い」から「中立」に格下げしており、マイナス材料にも捉えられているようだ。メリルでは、年初来の急速な株式市場のセンチメント悪化や為替のマイナス影響を考慮した上で自動車セクターの投資見解を再考、同社に関しては今後のカタリスト不足を格下げの要因としている。なお、メリルではスズキの投資判断は格上げしているようだ。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均