市場ニュース

戻る
2016年02月24日11時17分

【材料】味の素、欧州大手証券はレーティング最上位継続、買収シナジーの捻出はこれからが本番

味の素 【日足】
多機能チャートへ
味の素 【日中足】

 味の素<2802>が小動き。25日移動平均線をサポートに推移しており、株価は前日終値近辺で膠着している。

 UBS証券では、一連の事業買収を通して、事業ミックスと地域分散で環境変化に強いバランスのとれた事業ポートフォリオを構築していると指摘。北米市場に投資した意義は大きく、新興国傾斜から先進国への比率を上げ、為替ヘッジも効かせていると評価。買収シナジーの捻出はこれからが本番とみて、欧州でのM&Aも視野に、製品と地域の両面で成長余地は大きいと解説。

 レーティング「バイ」を継続、目標株価を3100円から3400円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均