市場ニュース

戻る
2016年02月23日14時11分

【材料】米系大手証券、銀行株下落に「オーバーシュートは否めない」との見解、三井住友FGとりそなHDを推奨

三井住友FG 【日足】
多機能チャートへ
三井住友FG 【日中足】

 ゴールドマン・サックス証券の銀行セクターのリポートでは、マイナス金利の当期利益への理論的影響は7~13%程度で、1月29日以降のカバレッジ銘柄の平均株価下落幅19%よりも小さいことから、オーバーシュートは否めないと指摘。直近の株価下落により、インプライドの資本コストは約12%まで上昇、過去10年の平均9%や欧米金融機関の平均10%と比較して顕著に高いとみて、株価には30%の上値余地があると解説。

 個別では、三井住友フィナンシャルグループ<8316>とりそなホールディングス<8308>を「コンビクション買い」で推奨している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均