市場ニュース

戻る
2016年02月19日23時40分

【市況】【市場反応】カナダ1月CPI/12月小売売上高、カナダドル売り


 低調なカナダの小売売上高を嫌い、カナダドル売りが優勢となった。ドル・カナダは1.3762カナダドルから1.3775カナダドルへ上昇。カナダドル・円は82円11銭から81円59銭へ下落した。


 カナダの12月小売売上高は前月比-2.2%と、予想-0.9%を下回り2010年4月来で最低となった。


 一方、同時刻に発表されたカナダの1月消費者物価指数(CPI)は前月比+0.2%と予想外の3か月ぶりのプラスとなった。前年比では+2.0%と、2014年11月来の高水準となった。

【経済指標】
・カナダ・1月消費者物価指数:前年比+2.0%(予想:+1.8%、12月:+1.6%)
・カナダ・1月消費者物価指数:前月比+0.2%(予想:0.0%、12月:-0.5%)
・カナダ・12月小売売上高:前月比-2.2%(予想:-0.9%、11月:+1.7%)

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均