市場ニュース

戻る
2016年02月19日10時45分

【経済】(中国)上海総合は0.28%安でスタート、外資の流出加速などを警戒


19日の上海総合指数は売り先行。前日比0.28%安の2854.90ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時42分現在、0.03%安の2862.08ptで推移している。外資の流出が加速していることが警戒されている。1月末の外国為替資金残高は24兆2000億元(約435兆6000億円)となり、前月末比で6445億元減少。また、前日の米株安や時間外の原油相場がマイナスに転じたことも指数の重しとなっている。一方、政策期待が高まっていることが引き続き支援材料となっている。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均