市場ニュース

戻る
2016年02月16日16時17分

【経済】【訪日外客数】16年1月は前年同月比52.0%増の185万1800人、15年7月に次ぐ過去2番目の数値


日本政府観光局(JNTO)が16日に発表した2016年の訪日外客数は、前年同月比52.0%増の185万1800人となった。2015年1月の121万8000人を63万人以上上回り、1月としての過去最高を記録した。また、単月としても2015年7月の191万8300人に次いで過去2番目の数値となった。

主な要因として、アジア地域での学校休暇による訪日旅行者数の増加と、欧米豪地域における航空路線の拡大、燃油サーチャージの値下がりを受けた訪日需要の拡大が挙げられる。また、これまでの継続的な訪日旅行プロモーションや円安による割安感の定着、ビザの大幅緩和、消費免税制度の拡充も寄与した。

市場別では、中国が学校休暇期間の前倒しやクルーズ需要の増加を受けて前年同月比110%増(2.1倍)の47万5000人を記録。また、韓国が51万4900人と初めて単月で50万人を超過し、豪州とともに単月の過去最高を記録した。

なお、2月の訪日外客数はアジア地域において旧正月の休暇時期を迎えていることから、訪日旅行者数の増加が期待される。

《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均