市場ニュース

戻る
2016年02月15日12時15分

【材料】イグニス<3689>---「ぼくとドラゴン」好調で第1四半期は黒字化に成功

イグニス 【日足】
多機能チャートへ
イグニス 【日中足】


イグニス<3689>は、12日に16年9月期第1四半期決算を発表している。売上高は前年同期比443.8%増の13.21億円、営業利益は4.09億円(前年同期は1.01億円の赤字)、経常利益は4.05億円(同1.17億円の赤字)、最終利益は2.30億円(同8900万円の赤字)となった。

無料ネイティブアプリは本格的な業績貢献にはまだ時間がかかるものの、ネイティブソーシャルゲームでは、前期リリースした「ぼくとドラゴン」が引続き順調に推移している。第1四半期期間では新規季節イベントや他社サービスとのコラボレーション等を実施。今後もコンテンツの拡充及び運営チームによる多彩なイベントの実施等、開発及び運営双方に注力することで、国内外を問わず、さらなる成長の余地があるものと考えているとのこと。

なお、通期会社計画では、売上高を前期比65.4%増の40.0億円、営業利益を7.0億円、経常利益を7.0億円、最終利益を5.5億円と見込んでいる。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均