市場ニュース

戻る
2016年02月15日10時06分

【材料】UMNファーマがストップ高カイ、米社にインフルワクチン原薬を供給

UMN 【日足】
多機能チャートへ
UMN 【日中足】

 12日、UMN <4585> [東証M]が季節性組換えインフルエンザワクチン「Flublok」の原薬を、販売元の米プロテイン・サイエンスに供給すると発表したことが買い材料。

 14年12月に結んだ基本合意に基づき、インフルエンザワクチン「Flublok」の原薬を、同社子会社UNIGENの岐阜工場が供給することでプロテイン・サイエンスと正式合意した。「Flublok」は、鶏卵やインフルエンザウイルスそのものを使用せず、従来のインフルエンザワクチンに比べて短期間で感染リスクもなく製造することができる画期的なワクチン。

 発表を受けて、米国インフルエンザワクチン市場への「Flublok」の供給拡大による業績への寄与に期待する買いが殺到した。株価は300円ストップ高の1784円買い気配。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均