市場ニュース

戻る
2016年02月12日09時37分

【材料】パピレスが急反発、4-12月期(3Q累計)経常が42%増益、株主優待を拡充

パピレス 【日足】
多機能チャートへ
パピレス 【日中足】

 10日、パピレス <3641> [JQ]が決算を発表。16年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期非連結比41.8%増の8億3500万円に拡大して着地したことが買い材料。

 スマートフォンの普及を背景に、電子書籍レンタルサイト「電子貸本Renta!」の会員数が伸び、23.1%の増収を達成したことが寄与。テレビCMやパピレス設立20周年記念フェアなどの販売促進策も奏功した。

 通期計画の8億8400万円に対する進捗率が94.5%に達しており、通期上振れを期待する買いが向かった。

 同時に、株主優待制度を拡充すると発表。現行は「電子貸本Renta!」の割引券10枚(1080円相当)と交換可能なギフトコードを贈呈。新制度では贈呈する割引券の枚数を100枚(1万円+消費税相当)に変更する。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均