市場ニュース

戻る
2016年02月10日14時32分

【材料】欧州大手証券、不動産株はすでに資産価値が5~15%下落することを織り込んでいる

三井不 【日足】
多機能チャートへ
三井不 【日中足】

 クレディ・スイス証券の不動産セクターのリポートでは、三井不動産<8801>、三菱地所<8802>、住友不動産<8830>の16年3月期と17年3月期ベースのP/NAVが1倍程度~1倍を下回りはじめたと指摘。

 不動産価格が上昇局面にあることから、不動産価格と株価バリュエーションに差が生じているとの見方で、株価はすでに資産価値が5~15%下落することを織り込んでいると解説。

 個別では、17年3月期の増益率が高く、長期の利益成長を実現しそうな東急不動産ホールディングス<3289>、株価バリュエーションに割安感がある野村不動産ホールディングス<3231>の買い推奨を継続している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均