市場ニュース

戻る
2016年02月10日13時40分

【為替】東京為替:ドル弱含み続く、前日下値が視野に


市場センチメントの悪化を受け、ドル・円は弱含む展開が続いている。足元は114円30銭台まで値を下げ、午前中に付けた今日の安値114円26銭に接近。また、前日安値114円21銭が視野に入っている。株価がなお下げれば、ドル売りが強まりやすい地合いとなろう。


ここまで、ユーロ・ドルは1.1284ドルから1.1311ドル、ユーロ・円は129円21銭から130円11銭のレンジ内で推移している。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均