市場ニュース

戻る
2016年02月08日08時56分

【市況】8日の株式相場見通し=前週末の米株安を受け売り優勢のスタート

 8日の東京株式市場は、前週末5日の米株式市場で、NYダウ平均株価が反落したことを受け、売り優勢のスタートとなりそうだ。

 5日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前日比211.61ドル安の1万6204.97ドルと反落した。5日に発表された米1月雇用統計の内容が、市場予想を下回ったものの、3月の米利上げを見送るほどの悪い内容ではないとの受け止めから、後退していた早期利上げ観測が浮上し、売りが優勢となった。ナスダック総合株価指数は、前日比146.415ポイント安の4363.144と反落した。

 日程面では、1月の景気ウォチャー調査、12月の国際収支、12月の毎月勤労統計調査、1月28~29日開催の日銀金融政策決定会合の「主な意見」、インド10~12月期のGDPに注目。(冨田康夫)


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均