市場ニュース

戻る
2016年02月04日10時43分

【経済】(中国)上海総合は0.44%高でスタート、元急騰や原油高などを好感


4日の上海総合指数は買い先行。前日比0.44%高の2751.43ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時40分現在、0.79%高の2761.00ptで推移している。人民元がオフショア市場で急騰していたことや、原油高などを受け、資源銘柄を中心に買い戻しが先行。また、景気テコ入れ策に対する期待も引き続き支援材料となっている。一方、中国国家発展改革委員会(発改委)の高官は、16年の成長目標について、前年の7%前後から6.5-7.0%に設定されると発言した。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均