市場ニュース

戻る
2016年02月01日13時47分

【為替】東京為替:ユーロは底堅い、ドルの上昇が限定的で警戒も


ユーロ・ドルは1月29日に日銀がマイナス金利導入を決定後に大きく売られ、同日(日本時間30日)の海外市場では一時1.0810ドルまで値を下げた。ただ、週明け東京市場では安値圏推移となっているものの、ドルの上昇が鈍いことから、リスク回避によるユーロ買いのフローが出始めている。


なお、ドル・円は121円04銭から121円49銭、ユーロ・ドルは1.0815ドルから1.0852ドル、ユーロ・円は131円14銭から131円59銭で取引されている。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均