市場ニュース

戻る
2016年01月29日16時36分

【特集】タナベ経営 Research Memo(11):無借金経営で自己資本比率は80%超


■財務状況と株主還元策

(1)財務状況

タナベ経営<9644>の2015年9月末の総資産は前期末比225百万円減少の11,566百万円となった。配当金の支払い(284百万円)を主因として、現預金・有価証券が270百万円減少したことが減少要因となった。

一方、負債は未払金や未払消費税の減少を主因として、前期末比195百万円減少の2,044百万円となった。また、純資産は利益剰余金が31百万円増加したものの、有価証券評価差額金が61百万円減少したことにより、同30百万円減少の9,521百万円となった。

自己資本比率は82.3%と引き続き80%以上を維持しており、有利子負債もないことから、財務体質は極めて良好な状態が続いていると判断される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均