市場ニュース

戻る
2016年01月26日15時31分

【材料】タカラレーベン---大幅反落、通期予想の大幅下方修正を嫌気

タカラレーベ 【日足】
多機能チャートへ
タカラレーベ 【日中足】


タカラレーベン<8897>は大幅反落。前日に第3四半期の決算を発表、累計営業利益は10.6億円で前年同期比70%減益となり、通期予想は133.5億円の従来予想から73.5億円に下方修正している。インフラファンド市場への上場延期に伴い、想定していたメガソーラー発電施設の売却がずれ込んだことが下方修正の背景に。新築分譲マンションの好調推移を背景に、年間配当金は10円から13円に引き上げているが、表面的な大幅下方修正を嫌気する動きが先行。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均