市場ニュース

戻る
2016年01月25日10時48分

【経済】(中国)上海総合は0.60%高でスタート、外部環境の落ち着きで買い優勢


25日の上海総合指数は買い先行。前日比0.60%高の2934.08ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時40分現在、0.45%高の2929.67ptで推移している。欧米市場や原油価格の上昇、日欧の追加金融緩和期待など外部環境の落ち着きが好感され、買い戻しが優勢になっている。国内では、エコカー対策の追加期待や人民元相場の落ち着き観測などが支援材料となっている。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均