市場ニュース

戻る
2016年01月20日18時15分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】民主・岸本議員:今年は両国とも選挙イヤー。話題は、どうしても選挙に


民主党の岸本議員は「日米国会議員会議が東京で開催されています。春にワシントン、冬に東京で毎年二回開かれています。私は必ず出席するようにしています。今年は両国とも選挙イヤー。話題は、どうしても選挙に」とツイート(1/20)


米国で政権交代の可能性がある場合、日米間の政策協議は進展しないとの見方があるようだ。米国では2008年の大統領選挙でオバマ氏が勝利し、翌年より民主党政権に移行した。今年行われる大統領選挙では民主党の大統領候補がクリントン氏で決まるかどうか微妙な状況となっており、トランプ候補が共和党の大統領候補に選出された場合、かなりの善戦が期待できるとの声が聞かれている。米大統領選挙の行方や国際情勢の変化に直面することで、日本の株式市場はこれから神経質な相場展開となる可能性がある。

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均