市場ニュース

戻る
2016年01月18日12時19分

【材料】ミネベア続落、国内大手証券はレーティング最上位を継続、仏系有力証券はレーティングを格上げ

ミネベア 【日足】
多機能チャートへ
ミネベア 【日中足】

 ミネベア<6479>が続落。売り一巡後は下げ幅を縮小して前場の取引を終えている。

 SMBC日興証券では、スマートフォンの有機ELディスプレイへの移行は今後2年間進まないと指摘。全てのスマートフォンでOLED化が進むことが確定したわけではないとの見方で、バックライト喪失を考慮しても株価は下がりすぎと解説。極端にバリュエーションの低下した同社株に対する関心は回復するとみて レーティング「1」を継続。

 また、仏系有力証券はレーティングを「アウトパフォーム」から「買い」に引き上げ、目標株価1240円を継続している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均