市場ニュース

戻る
2016年01月18日09時18分

【市況】日経平均株価は一時400円安、昨年来安値1万6795円を下回る

 18日寄り付き直後の東京株市場は、全面安商状の推移となり、日経平均株価は一時、前週末比400円安の1万6746円まで売り込まれ、終値ベースでの昨年来安値1万6795円(15年1月14日)を下回っている。

 前週末15日の中国株・上海総合指数が1年1カ月ぶりの安値水準に下落したことに加え、NY原油先物価格が1ドル=29ドル台前半の安値水準をつけたことを嫌気してNYダウ平均株価が急反落したことを受け、東京株式市場も軒並み売り優勢となっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均