市場ニュース

戻る
2016年01月15日15時12分

【為替】東京為替:ユーロは底堅い地合い、上海株の弱含みで


上海総合指数は節目の3000ポイントを下回り、2900ポイント台で弱含む展開が続いている。また、米原油先物ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)は30ドル台まで値を下げており、リスク回避の動きが後退していないため、ユーロに買いが入りやすい。足元は1.0870ドル台で推移している。引き続き底堅い地合いとなろう。


なお、ドル・円は117円60銭から118円27銭、ユーロ・ドルは1.0855ドルから1.0890ドル、ユーロ・円は128円05銭から128円42銭で取引されている。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均