市場ニュース

戻る
2016年01月15日13時19分

【市況】日経平均株価は前日比マイナスに転じる

 15日後場の東京株式市場では、午後1時前に日経平均株価が前日比マイナス圏に沈んできた。後場寄り付きで上昇幅を縮小した後も売りが優勢となっている。

 前日の米国株大幅上昇や外国為替市場での円安・ドル高進行を好感して前場は買い優勢が続いた。ところが、外国為替市場で円高・ドル安方向の推移に反転したことや、上海総合指数が前日比マイナス圏で推移していることを受け、買い手控え姿勢が強まっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均