市場ニュース

戻る
2016年01月14日12時44分

【市況】日経平均は612円安で後場スタート、前引け値から若干下げ幅を縮小/後場の寄り付き概況


日経平均 : 17103.43 (-612.20)
TOPIX  : 1393.96 (-48.13)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から若干下げ幅を縮めて始まっており、17100円を回復している。ランチタイムの225先物は17050-17120円辺りでのこう着。現物の後場寄り付きが近づくにつれて、下落幅を縮めてきていた。昼のバスケットは売り買いトントンとの観測。円相場は1ドル117円50銭辺りと、朝方からやや円高に振れて推移している。

 セクターでは33業種全てが下げており、鉱業の下落率が5%を超えているほか、保険、卸売、医薬品、機械、ゴム製品、石油石炭などの弱さが目立つ。売買代金上位ではTDK<6762>が堅調。テーマ株ではさくら<3778>などフィテック関連の一角が強い。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均