市場ニュース

戻る
2016年01月14日09時36分

【材料】ローソン急反落、第3四半期営業利益4%増も最終利益は減少

ローソン 【日足】
多機能チャートへ
ローソン 【日中足】

 ローソン<2651>は急反落。株価は一時、前日比520円安の9020円まで売られている。同社は13日取引終了後、16年2月期第3四半期累計(2015年3月~11月)の連結決算を発表。売上高に当たる営業総収入は4355億3400万円(前年同期比20.2%増)、営業利益は620億5800万円(同3.8%増)、最終利益は314億7200万円(同4.5%減)だった。「グリーンスムージー」などPB商品が収益に寄与したほか、淹れたてコーヒー「MACHIcafe」との買い合わせが期待できる「ドーナツ」などカウンター・ファストフードの新たな投入で売り上げを伸ばした。

 ただ、宣伝費や不採算店舗閉鎖に伴う減損損失計上などで最終利益は減益となった。営業利益の進捗率は悪くないが、きょうは全体相場が波乱展開となっており、同社株も買いが入りにくい状況にある。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均