市場ニュース

戻る
2016年01月14日09時04分

【材料】住友商がウリ気配、海外ニッケル開発プロジェクトで減損計上

住友商 【日足】
多機能チャートへ
住友商 【日中足】

 住友商事<8053>がウリ気配スタート。同社は13日、マダガスカル共和国で進めるニッケル開発プロジェクトにおいて投資回収することが困難となり、16年3月期に770億円の減損損失を計上すると発表、これがネガティブサプライズとなった。16年3月期の最終損益は2300億円の黒字を見込んでいたが、「未定」に変更した。資源価格の下落が同社など大手商社株の収益環境に強い逆風となっている。同社についても他の案件でのさらなる減損計上懸念が見切り売りを助長している。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均