市場ニュース

戻る
2016年01月12日16時17分

【特集】スターティア Research Memo(7):マイナンバー制度による煩雑な管理の手間を削減する新サービスを提供


■スターティア<3393>の中期成長を担う新商材

(3)セキュアMyNUMBER

マイナンバー制度の開始によって、企業は社員のマイナンバーを扱う機会が増大することが予想されている。典型的なケースは税務署に提出する源泉徴収票にマイナンバーを記載する場合だ。したがって、企業の担当者は、社員からマイナンバーを収集し、厳重な保管体制の下で、運用管理(削除を含む)を行わなければならなくなる。

この作業は、社員数がたとえ少数であっても、事の性質上、煩雑となることが容易に想定される。場合によっては社内のマニュアルの制定・改定などが必要となる。こうした手間を削減することを目的に開発されたのがセキュアMyNUMBERだ。この商品は2016年3月期から発売され、今第2四半期は堅調に推移しているもようだ。売上高の拡大期は、マイナンバーの運用が本格化する来期以降になると弊社では考えている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《RT》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均