市場ニュース

戻る
2016年01月12日16時17分

【市況】日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は大幅に6日続落、構成銘柄のうちホンダ以外の224銘柄が下落


12日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり1銘柄、値下がり224銘柄、変わらずなしとなった。

日経平均は大幅に6日続落。11日の上海総合指数が前週末比5%超下げたことや原油先物相場の下落などが嫌気され、日経平均は227円安と17500円を割り込んでスタートした。本日の上海総合指数は前日比0.3%高から取引を開始したが、前場には節目の3000ptを割り込む場面があった。その後は比較的落ち着いた値動きとなったが、日経平均は先物に断続的な売りが入り下げ幅を拡大する展開となった。大引け前には一時17184.78円(前週末比513.18円安)まで下落した。

大引けの日経平均は前週末比479.00円安の17218.96円となった。東証1部の売買高は26億3516万株、売買代金は2兆9731億円だった。業種別では、全33業種がマイナスとなり、鉱業、石油・石炭製品、海運業が5%超下げたほか、非鉄金属、鉄鋼なども下落率上位となった。

値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>となった。第1四半期決算発表を受けて前週末に付けた昨年来安値(36180円)を下回る場面はなかったものの、本日は1.3%安で6日続落。日経平均構成銘柄の下落率トップはイオン<8267>で10.0%安、同2位はSUMCO<3436>で8.8%安となった。イオンは市場予想を下回る第3四半期業績がネガティブ視された。SUMCOは取引時間中の昨年来安値を連日で更新している。

値上がりしたのはホンダ<7267>のみだった。16年度に世界で15年度見込み比8%増となる520万台の四輪車販売を目指すと一部メディアで報じられている。市場の想定を上回る水準とみられ、ポジティブに捉える動きが優勢となった。


*15:00現在


日経平均株価  17218.96(-479.00)

値上がり銘柄数  1(寄与度+0.08)
値下がり銘柄数 224(寄与度-479.08)
変わらず銘柄数  0

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<7267> ホンダ 3503 1 +0.08

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ 37630 -510 -20.01
<9984> ソフトバンクG 5528 -167 -19.65
<6971> 京セラ 5085 -189 -14.83
<4503> アステラス薬 1606.5 -70.5 -13.83
<9433> KDDI 2948.5 -56.5 -13.30
<6988> 日東電 7239 -334 -13.10
<6954> ファナック 18800 -325 -12.75
<4523> エーザイ 7540 -270 -10.59
<6762> TDK 6710 -270 -10.59
<4543> テルモ 3580 -105 -8.24
<8267> イオン 1602 -177.5 -6.96
<4502> 武田 5625 -162 -6.35
<3382> 7&I-HD 4980 -161 -6.32
<4704> トレンド 4690 -155 -6.08
<6758> ソニー 2675 -149.5 -5.86
<7751> キヤノン 3285 -97 -5.71
<6367> ダイキン 7804 -144 -5.65
<4901> 富士フイルム 4554 -141 -5.53
<9613> NTTデータ 5570 -140 -5.49
<7733> オリンパス 4380 -135 -5.30

《NH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均