市場ニュース

戻る
2016年01月08日09時29分

【経済】中国当局:サーキットブレーカー制度一時停止、債券王グロース氏は急落スタート予想


中国当局はきのう7日夜、今月に導入されたばかりのサーキットブレーカー制度を一時停止すると発表した。4日から適用されたばかりの同制度はすでに2回発動された背景がある。この制度の一時中止を通じて市場の乱高下を防ぐ狙いがあるとみられている。

一方、債券王といわれているビル・グロース氏は同日夜、ブルームバーグのテレビ取材を受けた際、きょう8日の中国本土市場が寄り付きでは5-6%下落で始まると予測した。

また、一部市場関係者は、サーキットブレーカー制度の一時中止が市場の混乱を招く可能性があると懸念している。ここ数カ月の中国本土市場の乱高下に対し、当局が有効な対策を講じることができなかったことが背景にある。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均